小豆島で見つけた素敵な物語り

update

人前に出るのが大の苦手だったという木戸さんが開いた愚放塾。参加者は、演劇と農作業、共同生活を通じて自分自身と向き合う。そして自分なりにコミュ...

update

小豆島では、毎年10月になると島中で秋祭りが行われる。土庄町渕崎で出会った長田さんは、赤穂屋地区の団長としてこの日、祭りでの大舞台に臨む。彼...

update

小豆島随一の夕日を誇る、土庄町は屋形崎。ここで縫製業を営む中村さん一家を訪ねた。ご一家が話してくれた、石材に始まる小豆島の産業とその移り変わ...

update

服飾ブランド「Things」のデザイナー、オクムラユッコ さん。ブランドを立ち上げるのは幼い頃からの夢だった。 でも、なぜ小豆島で? そこに...

update

小豆島は土庄本町、“迷路のまち”にあるMeiPAM。代表の磯田さんは、もともと東京の大企業にいたが、あるとき大きな挫折を経験する。どん底の中...

update

この民宿の畑には数え切れない種類の野菜が実り、いろんな国からたくさんの人が集う。採れた野菜はみんなを繋げ、笑顔にする。いのち輝く宝石箱のよう...

update

小豆島の名産品、醤油。その醤油を使った最高級の佃煮を作るのが、「小豆島食品」の久留島克彦さんだ。自ら全国を歩き、納得いく素材を探すという克彦...

update

小豆島は中山地区に、30年以上も生態系保全の活動に取り組んで来た人がいる。故郷への愛は実を結び、たくさんのホタルが舞う光景を取り戻した。信じ...

update

多聞寺の藤本奈々恵さんは、東京からのUターン。小豆島での子育てを決めたとき、都会とは違う、ある“不自由さ”に気づく。それがきっかけとなり、藤...

update

山岳修行のひとつであるお遍路。お遍路を通して小豆島に魅了された僧、大林慈空さんは、その魅力を島の内外に発信しようとする。小豆島の自然、歴史、...

update

「ケリーです」といって現れたのは、笑顔の似合う小柄な女の子。醤油の町に生まれ、醤油ソムリエとなった彼女は一見すると今風の若者だが、見えてきた...

update

緑に染まった坂道の奥にある、小さな南イタリア。そこには日々、小豆島の素材と向きあい、時間をかけ、手をかけて、素敵なひと皿を作り上げる人がいる...

update

大好きな小豆島の魅力を発信する小豆島ガール。ポリシーは、自分たちの「楽しい!」を一番大事にすること。その証拠に、活動中のガールたちは、いつも...

update

東京都庁の職員だった山本さんは、ある夢を叶えるため、10年ぶりに故郷の小豆島に戻る。島を離れてはじめて見つけた、本当にやりたいこと。それを叶...

ニッポニアニッポン公式サイト

ページ上部へ