パオ・フィール島薫さんと
オリーブしまちゃん

次のページ

パオ・フィール島薫さんと
オリーブしまちゃん

オリーブ頭の可愛いあの子

小豆島のマスコット

ころりとした丸いフォルム。
緑の頭にちょこんと生えたオリーブの葉っぱ。
小豆島の至るところで見かけられる、
二頭身のゆるーいキャラクター。

 

彼の名前はオリーブしまちゃん。職業、王子。
その名の通り、小豆島のオリーブをモチーフにしたゆるキャラだ。
しまちゃんの任務は、小豆島を元気にすること、平和にすること。

 

そんな彼の生みの親は、島薫(しま・かおる)さんといった。
パオ・フィールという広告代理店の社長を務めている。
しまちゃんはいかにして生まれたのか。
そして島さんの小豆島への想いとは。

前のページ
次のページ

パオ・フィール島薫さんと
オリーブしまちゃん

小豆島生まれ、小豆島育ち

島薫さんの物語り

島さんは小豆島で生まれ、
高校までの18年間を島で過ごした。

 

大学時代は東京に暮らし、
大学を出てからは名古屋のイベント会社で働いた。

 

それから三年ほどして、

島さんはIT系の専門学校に通い始める。

 

学校を出てからは、 島さんのお父さんが

経営していた会社で働くつもりでいた。

当時、高松を拠点としていたパオ・フィールという

ソフトウェア開発会社だった。

 

しかし専門学校に通っている間に、

会社は一度廃業となってしまう。

 

島さんは小豆島に帰ってくると、

パオ・フィールの名前を引き継ぎ、

新たに広告代理店を立ち上げる。

 

今から約7年前、島さんが30歳の時だった。

前のページ
次のページ

パオ・フィール島薫さんと
オリーブしまちゃん

きっかけは一冊のフリーペーパー

しまちゃん誕生の瞬間

パオ・フィールの社長として、島さんが最初に取りかかったのが、

小豆島の観光情報誌の制作だった。

 

もちろん簡単な仕事ではなかったが、

兄が代表を務めていた印刷会社のグループ会社として、

人脈を駆使し、多くの人の協力を得ながら作り上げた。

 

そうして完成したのが、 クーポンフリーペーパー

「Eedee!(ええでえ~!)」である。

 

お宿や食事処、温泉にレジャーなど、観光客に

小豆島の見どころを紹介し、同時にクーポンが

利用できる情報誌だ。

 

しかし、春夏と秋冬の年に2回、Eedee!の発行を

続けているうちに、島さんはふと思う。

 

「何だか、面白くない……!」

 

普通の情報誌ではつまらない。 何か独自の、

楽しいアイデアはな無いだろうか?

 

考えた末、思い付いたのが誌面にキャラクターを

登場させることだった。

 

キャラクターが冊子の中で小豆島を案内したら、

面白いかもしれない。

 

思い立ったが吉日、島さんは会社の企画部で

デザインコンペを行い、結果、選ばれたのは

島さんが提案したものだった。

 

こうして、オリーブしまちゃんという

キャラクターが誕生する。

前のページ
次のページ

パオ・フィール島薫さんと
オリーブしまちゃん

オリーブしまちゃんと仲間たち

島の平和、守ります!

緑色をしたオリーブの頭に、白くてまるっこい胴体。

くりっとした黒い目と、いつも笑った口元。

二頭身の可愛らしいキャラ、オリーブしまちゃん。

 

小豆島を明るく、元気にするため生まれてきた、

オリーブの王子様。

 

小豆島が大好きで、よく探検しているそうだ。

 

お菓子のパッケージに登場したり、

子供たちが使う漢字ドリルに出張してみたり、

あのくまモンと共演してみたり……。

 

人気者のしまちゃんは大忙し。

しまちゃんにはオリーブの仲間たちもいる。

 

 

オリーブキングやガールフレンドのりくちゃん、

しまちゃんに憧れて弟子入りしたルッカルッカ。

 

最初はEedee!だけだったのに、

どんどん活躍の場を広げていくしまちゃん。

 

島さんやみんなと力を合わせて、

島の平和を守るために様々な活動をしている。

前のページ
次のページ

パオ・フィール島薫さんと
オリーブしまちゃん

しまちゃん、立体になる。

紆余曲折、ありながら

しまちゃんは当初、誌面とウェブサイトにだけ登場していた。

しかしやがて周囲の人から、

「しまちゃんグッズが欲しい」と言われるようになる。

そんな声に応えようと、島さんはまず、

メモ帳やクリアファイルを作ってみた。

 

予想以上の売れ行きに段々とアイテムの

種類も増えていき、しまちゃんの知名度は

どんどん上がっていく。

 

それじゃあイベントにも出ようかと、

島さんは着ぐるみを作……いや、しまちゃんを

誌面から現実世界に飛び出させることを思いつく。

しかし……。

 

イラスト通りのふっくらしたシルエットを再現するはずが、

なんと等身大のスリムなフォルムになってしまった。

可愛らしいとはほど遠い、何というか、シュールな見た目。

 

それでも不思議なことに、イベントにはひっぱりだこで、

やがて初代しまちゃんはぼろぼろになっていった。

 

現在、しまちゃんは三代目となり、 イラスト通りの

ずんぐりむっくり体型を維持している。

オリーブしまちゃんは、 月に一度か二度、

小豆島内のイベントに現れるそうだ。

前のページ
次のページ

パオ・フィール島薫さんと
オリーブしまちゃん

オリーブしまちゃんの、これから

島さんとしまちゃんの想い

「島中をオリーブしまちゃん色に染めたいんです」

 

島さんは、小豆島をより元気にするため、

もっともっと皆にしまちゃんを知ってほしいと思っている。

 

小豆島の公式キャラクターとしてデビューしようと

頑張ったこともあったが、小豆島にはオリーブの

他にも沢山の名物があり、なかなか難しい。

 

今はしまちゃんを応援してくれる企業の方や、

お客さんたちと二人三脚で活動している。

 

いつか大好きな小豆島をしまちゃんの色でいっぱいにして、

島の外へもっと足を運んで、皆を笑顔にできるように。

しまちゃんの力で、皆の平和に貢献できるように。

 

 

島さんとしまちゃんは、

今日も力一杯、小豆島を駆け回っている。

前のページ
次のページ

パオ・フィール島薫さんと
オリーブしまちゃん

Profileオリーブしまちゃん

香川県小豆郡小豆島生まれ、O型。小豆島フリーペーパークーポン情報誌「Eedee!」のイメージキャラクターとして起用され、一躍脚光を浴びる。周囲の熱望もあり、晴れて3次元化された後は、小豆島内外のイベントに参加するなど、これまで以上に精力的な活動に従事している。ちなみに、2014年の「ゆるキャラグランプリ・ご当地部門」では、残念ながら1168体中736位と結果ふるわず……。より一層の応援が必要な、発展途上のキャラクターである。

前に戻る

初めに戻る

小豆島物語 TOPへ