株式会社459
真鍋邦大さん

次のページ

株式会社459
真鍋邦大さん

えがお咲かす、
島の語り部

「株式会社459」真鍋邦大の物語り

瀬戸内に、ぷかりと浮かぶ、小豆島、

そこで、「えがお」が、ポンとはじけ―。

 

その笑顔のまんなかに、いつもひとりの男がいる。

その男、生まれも育ちも、四国は香川県の高松市。

 

大学入学以来、十数年間を過ごした東京を離れ、

2012年、小豆島に、ポンと移住して、

愛する多島海・瀬戸内の、「地域おこし」を志した。

 

そうして、すぐさま会社をつくり、

社名に、四国(シコク)への想いをのせて―。

 

小豆島を始めとする、瀬戸内が持つ、豊かな物語りを、

「えがお」といっしょに、伝える“語り部”―。

 

「株式会社459」真鍋邦大(まなべくにひろ)の物語り。

前のページ
次のページ

株式会社459
真鍋邦大さん

香川、いいね

実家に「暮らして」、見えたこと

真鍋さんは、就職して金融の世界に入った。

 

厳しい外資で、様々な経験を積んでいくが、

2008年、あのリーマン・ショックが、起こった。

 

会社がつぶれ、空白の時間が、ポンと出来た。

 

そこで、真鍋さんは、高松に帰り、

実に約10年ぶりに、実家で、「暮らした」。

 

会社勤めの時は、休みも短く、

帰省しても、「泊まる」といった感覚だった。

 

幼少期の思い出残る“ふるさと”の地で、

久しぶりに「暮らして」みて、気付いたこと―、

 

ゆるりと時が刻む中、笑顔が豊かに咲いていて、

ここには、都会のものさしでは計れない、

“しあわせのカタチ”が、あるということ。

 

シンプルに、「香川、いいね」と思えた、よろこび。

前のページ
次のページ

株式会社459
真鍋邦大さん

瀬戸内に
求めたもの

"日本的な価値”を探しに

その後、東京で外資の証券会社に再就職しつつも、

心の中には、「香川、いいね!」が、息づいて―。

 

その時に、あの3.11を、迎えた。

 

首都圏でも物流が麻痺し、陳列棚からは商品が消えた。

 

真鍋さんははっきりと、認識した。

あの震災をきっかけに、価値観の転換が、起こった、と―。

 

経済優先から、安心・安全、人との絆の見直し、へ。

 

そうして、真鍋さんは、小豆島に移住した。

グローバル化、一極化が進んだ都会にはない、

本当に、“日本的なもの”を探しに。

 

日本がかつて持っていた、ローカルでパーソナルな価値を、

“ふるさと”の瀬戸内に、求めた。

前のページ
次のページ

株式会社459
真鍋邦大さん

郷土愛を
贈ろう

絆が見える「小豆島のギフト」

小豆島に移住して、1年が経ったころ、

「小豆島のギフト」という商品を、ポンと世に出した。

 

これは、地元の生産者と産品の、

“顔”と“物語り”が描かれた、カタログギフト。

 

東京の「地元カンパニー」がデザインしたもので、

真鍋さんは、小豆島の生産者を紹介している。

 

扱われる産品には、一つひとつ、想い宿りー、

 

天然塩や醤油、素麺など、産品の背景には、

それらを育んできた風土と歴史、

そして、人の手を経てきた“物語り”がある。

 

作り手である父と、受け継ぐ子、師匠と弟子、

そんなふたりの“顔”と“声”を紹介し、

そうして、代を繋げる“絆”を示して―。

 

そんな、郷土愛を贈る、やさしいカタチ。

前のページ
次のページ

株式会社459
真鍋邦大さん

ポン菓子は、
シマを巡る

「シマポン」に誘われて

ご年配の方には懐かしく、お子さんには真新しい。

そんな昭和生まれの素朴な駄菓子が、

真鍋さんの手によって、今、華麗に生まれ変わっている。

 

小豆島生まれの“ポンスナック”「シマポン」―。

 

バリスタ風にパシッと決めた真鍋さんが、

レトロモダンなポン菓子機を、我が相棒と携えて、

イベント会場で、一度(ひとたび)、ポンとやったれば、

音と匂いに誘われて、そこには人垣、二重三重(ふたえみえ)。

 

地元の食材だけを使うヘルシーな「シマポン」は、

赤ちゃんにもお年寄りにも優しくて、

さらに、瀬戸内の食材が、“物語り”を添えて―。

 

真鍋さんは、地産の魅力をポンと伝える、

「シマ」を愛する、エンターテイナー。

前のページ
次のページ

株式会社459
真鍋邦大さん

笑顔には、
笑顔が集まって

親の笑顔(かお)見て、子は育つ

“楽しい”に人は集まり、それが合わさり膨らんで、

ポンと、楽しい町が、出来上がる。

 

笑顔には、笑顔が集まって―。

 

小豆島では、大人たちも活き活きと、

無邪気なまでに、生を愉しんでいる。

 

そんな大人の姿を、子どもたちに見せられる―、

それは、なんて素敵で、幸せなことだろう。

 

真鍋さんは、自分が心の底から笑顔になれる、

小豆島を愛し、四国を愛し、瀬戸内を愛する。

 

そうして、ここ小豆島から、瀬戸内に見る、

新しい“しあわせのカタチ”を、発信し続ける。

 

みんなが、ポンと弾けるように笑い合える、

豊かで明るい、未来のために―。

前のページ
次のページ

株式会社459
真鍋邦大さん

Profile真鍋邦大さん

1978年、香川県高松市生まれ。香川県立高松高校卒業後、上京して東京大学経済学部卒業(東京大学大学院修士課程修了)。

その後、複数の外資系金融会社を経て、2012年に小豆島に移住し、株式会社459を創業(代表取締役就任)。

同社のミッションは「地域応援」。活動テーマは「シマとマチとトカイをつなぐ」こと。地元経済に資する活動であれば、農業、観光、教育等幅広く全力で取り組むことを信条とする。

 

[関連WEBサイト]

小豆島のギフト: http://gift.jimo.co.jp/shodoshima/

シマポン : http://www.shimapon.jp/

株式会社459 : http://www.facebook.com/459.co.jp

前に戻る

初めに戻る

小豆島物語 TOPへ